Rachel of Late Occident

I'm a bibliophile, cinephile, ailurophile, cacophonist, inveterate aggregator, dedicated middlebrow and anastrophizing syntax addict. My personality type is superlative INTJ.

Visit my adjuvant galleries:

More thilling venues:

“Being a writer is like having homework every night for the rest of your life.”

– Lawrence Kasdan

haruchonns:

horoscope:Aquarius
  illustration:Yoshimi Uchida 

内田善美 「愛のギリシャ神話」より:みずがめ座
        1981年 My birthday=マイバースデイ 6月号
        第3巻第8号 通巻29号 51-56頁に掲載
        実業之日本社
        国立国会図書館に蔵書あり

全能の神ゼウスにこよなく愛されていた、たぐいまれな美少年ガニメーデ。

オリンポスの山々で開かれる神々の酒宴には、いつもヘーペという娘が、神酒をそそぐ役目を果たしていた。ところが、ある日ヘーペは都合で酒宴に出席できなくなってしまう。そこで、トローヤ国にいる美少年ガニメーデの噂を耳にした全能の神ゼウスは、少年に合ってみようと思い、大ワシを使者として送った。ゼウスの命を受けて、大ワシは山上で羊の番をしているガニメーデ少年を見つけると、彼の体をつかんでゼウスのもとに舞い戻っていった。ひと目で気に入ったゼウスは、それから、宮殿の酒宴にはいつも、少年を近くにひかえさせていた。みずがめ座のシンボルは、ガニメーデが地上に水をそそぐ場面だといわれる。